日記とか感想とか心の叫びとか。
<< おおう : main : きぃ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
あれ
 一日が早い……もう十一月入ってから一週間か……。


『進/撃/の/巨/人』今のところの全巻読破。続きにて簡単に感想をば。超ネタバレですから!
次巻は十二月とか。楽しみです。
しかも、2013年度に映画化されるそうですね。多分実写で。
どうも、日本で作るみたいですが……これこそハリウッドとかに持って行ったらいいと思います……登場人物も世界観も日本じゃないし。ミカサだけアジア人で。

とまれ、せっかくハマったのですから楽しみにしています。
ショッキングなシーンほど繰り返し見ちゃうというのは何なんでしょうね。怖いもの見たさが発動しているのでしょうか。


ショッキングと言えば、我が家にもつい先日ありました。

勝手口を開けたら血痕、っていう。

車の上に鳥の羽が散乱。そして、そこから点々と続く血痕……何だか絵具じみた赤で、人間のではない事は確かでしたが。
わあ、某解剖医が出てくるドラマで言ってた通りだよ!血痕って、対象が動いた時、進行方向に向かって先が伸びるんだね!うっかり行く先が追えちゃうよ!!(動揺

まぁ、いつもの如く、母猫が鳥をさばいたようです。何と言う野生。まだ抜けきらないのか。猫も三つ子の魂というやつでしょうか。
子猫が、明らかに無理だろって動作でみょーんと鳥を追って飛ぶ光景は和みに和むというのに、母猫にかかれば一瞬で惨劇。コンクリについた血って中々落ちないんだね(涙
とはいえ、以前の大カエルの悲劇に比べれば、それほどショッキングというわけでもないのですが……鳥は可哀想でしたが。手厚く葬りました。

つい進/撃/の/巨/人思い浮かべちゃいましたよ。マンガ脳は相変わらずです。

 二巻
・ひたすらミカサが可愛かった巻。よく出てくる不思議な数字は年号だったのですね。(ウィキで知る)
エレンもミカサもあんまり笑わないから、子供時代のミカサのちょっとした笑顔とかきょとんとした顔が可愛くて可愛くて。

・一族で受け継ぐ印って何なんでしょうね。
『ユミル様』とか出てきたし、やっぱり昔の王族の末裔とかで、その証拠の印とかでしょうかね。特別な印=勇者とか王族っていう先入観(笑

・エレンが救いに……こここ、殺すんかーい(ツッコミ
正当防衛は確かだけど、子供がここまで清々しく殺すと逆にびっくりするわ!
ミカサとか覚醒しちゃってるし!(汗
あ、でも、事が終わった後のミカサとエレンのやりとりには和みました……子供エレンめっちゃ可愛い……ミカサと一緒に帰る事が当然って態度が…素直でええ子や……(ほろり
『そいつの出方次第だけど』には吹いたけど。子供のセリフじゃねぇ(笑

・ミカサは多分、エレンを英雄視してるのかな?命を賭して守るのが当たり前っていう感じです。
恋情なのかは微妙だけど……イアンさん(ショックだ…)に「恋人」とか言われて赤くなってたから、微妙に恋心も入ってるか?
もし入ってなくても、エレンが誰かと付き合うのは難しそうだ。あの人じゃエレンを守れないとか言って追い払いそうだ。
どのみち、ミカサはエレンから離れられない。そして印の事があるし、子供は欲しそう。って事は、向こうにその気がなくても、エレンを押し倒すしかないですね。頑張れミカサ(笑

・「いい人生だった」のミカサが美人すぎる。


三巻
・エレン復活。巨人に……なるんだ…………つっこむべき?(何で
生えてくるとか便利すぎる気もするけど……。
誰かがウル●ラマンとか言ってて納得してしまった(笑

・リヴァイさんも本格的に登場。好みだ。是非、エレンのいい兄貴分に……なるかな?←

・限られた土地の中で行方不明になれるお父さんも登場。
「彼ら」の記憶って何だろう。巨人の記憶か?巨人から摂った何かをエレンに注射したのか??

・ハンネスさんの言葉で、幼馴染三人は、全員で互いを補い合ってるんだと気付く。

・確かに、人類以外の脅威があったって、人類が一致団結するかは別問題よな。

・何でミカサを襲ったんだろう?ミカサだったからなのか、単に人間を襲ったのか……。


四巻
・訓練兵時代。話を挿入するタイミングというか、構成がわかりやすくて素敵。

・サシャ怖い……その天然っぷりが怖い(笑
ミカサに濡れ衣着せられたけど、多分許してるよね、口に押し込まれたパン一つで(笑

・ジャンに泣けた(笑)←
そうか……ジャン、お前……。思いっきり「うらやましい」とか言ってるし……(ひそかに爆笑
「言っておけば」って、やっぱりミカサにだろうか。一目ぼれしたミカサが、意見の合わないエレンばっかり気にかけて、しかもそのエレンに言われて褒めたばかりの髪を切ろうとしてるとか泣ける。それでも、ミカサにもきちんと意見出来るお前は男だよ……!(泣

・ロープ宙づり(笑
ミカサが、「エレンも私と一緒にいたがっている」って考えてるとわかった衝撃の話。ちょっとだけ怖いぞ(笑

・ライナーいい奴。
あと、サシャとコニーはオアシスです(笑
ここのヒトコマ、何度見ても笑える(笑

・エレンがアニと、一瞬だけいい雰囲気になれた話(笑
おまっ……そこで正直に言うって……いや、そういやコイツいつでも正直だった!さすがエレン!(泣)とか思ってた。

・一人ひとりの長所と短所があげられていく……マルコと、あとクリスタがないのが気になるよ?!マルコあんな事になったし、クリスタもか?!とか思って気になるよ?!
でも、一番出てくるのは1〜9までなのよな。クリスタはあんまり登場しないし。
エレンは格闘術以外は特に秀でてる所はないようで。ミカサに嫉妬もするわな…最初は面倒見る側だったのに、今やすっかり面倒見られる側だし(泣

・エレンの素直さは人の心に響きます。マルコの嬉しそうなこと。
……マルコ……!!(泣
マルコの死は何かのフラグな気がしますね。装置ないし。掃討戦の最後の方まで生きていたし。


五巻
・リヴァイさんにボコボコにされる(笑
でもそれを恨まれてなくてよかったと言うリヴァイさんは、思ったより親切な人でした。

・ミカサの視線が怖い怖い。たとえ仕方なしにやった事でも、エレンに危害を加える人に制裁もきっちりくだす方針のようです。過保護なお母さんのようです。チビはやめたげて、チビは(笑

・オレオが今まで生き残ってるのがびっくりだよ(笑

・調査兵に残るくだりがもう、見せ方上手いなぁ。こっちまで胃がキリキリしたよ(小心
やるべき事はわかってるけど、それには残酷な死に方を覚悟しなきゃならんとか辛い(涙
ジャンとかサシャとかコニーとかの残り方が迫真というか。逃げたいようって泣きながらも残ったその勇気がすごい。

・エレンはやっぱり皆が調査兵に来なければいいなと思ってたのね。

・ジャンの言ってる事が正論すぎて怖い。エレンの立場がどれほど嫌なものかってのがよくわかったわ…。頼むぞ、が切実すぎる。

・いざ凱旋。……地下道とか掘らないのかな、とか考えてしまうわ……トンネル技術くらいならあるんじゃないかな?と思うんだが。毎日少しずつ掘っていけば、いざという時の避難に使えると思うが。いや、長距離トンネルの構造とか知らんから言うだけだけど。

・女型登場。ナニコレ走り方がスプリンターぽくて怖い(そればっか
手を出さなければ走り去ってくれそうだけど、そうもいかないしね(汗



ストーリーが凄い、と言うより、見せ方とか描き切ってる事がすごいという感じ。
巨人の謎や、どうやって巨人に勝つかとか、主人公の持つ『特別』をこの先どう扱うか、とかでこれから先の面白さが決まりそう。
とりあえず、主要キャラが死ぬのはつらい……でも、ものすっごいフラグな感じの裏表紙が……(滝汗
感想 : comments(0) : trackbacks(0) : ラキ :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://az-az-cross10.jugem.jp/trackback/168
トラックバック