日記とか感想とか心の叫びとか。
<< お盆ですね。 : main : たまには >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
眠気が……
 何だろう、この最近の眠気の酷さは……暑いと体力削られるからってレベルじゃないような(汗


今回は赤/マ/ルの感想……灰男を書こうと思います。買わないでおこうとおもったのに、うっかりジャンバンの特集見ちゃいまして、紹介されてたカラー絵のビジュアルっぷりに思わず……orz
あああ久々過ぎて涙出るぅとか思いながら読みましたが、な、何かすごい展開ですね?(汗
久々だからか、ぽんっと場面が飛んじゃったイメージ。
ともあれ感想は続きにて。ネタバレですよ!!



 というわけで、久々の灰男。神田にバスケットボールが似合う不思議。

しょっぱなからノア全員登場!
へぇ、今まで出てきた人以外は14番目にやられちゃってたのか……アレ、前にノア集合って感じで(3巻)円卓囲んでなかったっけ?今回覚醒したワイズリーがずっと遅れて今、ってことなのか。じゃああの時は12人しかいなかったのですねー。ワイズリーにちょっとときめいた。邪眼だ!(違


段々イノセンス対伯爵の図式がわかってきました、が、やっぱりわからない!復活といいコレといい、どうして展開がユニバーサルワイドになるんですかー(泣)
えぇい、負けてられません。ちょっと自分のために整理します。


まずは七千年前、伯爵含め十三人のノア(伯爵もノアの一人なんだ)とハートの対立があった、と。
対立の原因はやっぱりあれですかね、伯爵が世界を終わらせようと……って、始まったばかりの世界を何で終わらそうとしたのかな伯爵(汗)他に原因があるのか。そもそも伯爵ってどういう生物なんだろう。ノアは人間、じゃあ伯爵も人間なはず。人間は七千年も生きれませんから(自主つっこみ

一巻では、こうあったんですよね。イノセンスの力をもって伯爵を退けた「誰か」は、そのイノセンスで作った石箱(キューブ)に今までのことと、これからのこと(ワンピではない)、それにイノセンスの使用法を書いて後世に残した。ノアの洪水みたいなことがまた起こるから、と。で、約六千九百年後に伯爵再来、黒の教団設立、と。

七千年間戦ってきたなら、「伯爵が表に出てきたのが六千九百年後」ってことかしらー。

ノアの洪水では、生き残ったのはノア一族だけのはず。伯爵以外の十二人がそれなら、最初に伯爵に勝った「誰か」はその時死んじゃったんでしょうか。実はノアの血族vとかならわかりませんけど……。

今回の話しによれば、伯爵に勝った「誰か」は「ハート」なんですよね。奴って言ってるくらいだし、「ハート」は人、それも「ハート」っていうイノセンスを使う人を指すはず。

となると、最初の「ハート」の適合者がイノセンスを使って伯爵を撃退、石箱を残して洪水で死去、って図式になるかな。

しかし、伯爵は「ハート」といい、イノセンスといい、「奴」って言いますよね。まるで人を相手にするみたいに。しかも「ハート」が「隠れる」とか「賢い」とか「隙を窺う」とか、まるで知り合いのような口ぶり。

あるイノセンスに適合したって、そのイノセンスから前の所有者の記憶を引き継いだりするわけではないはずなのに、どうして今の「ハート」の適合者はさっさと覚醒してさっさと身をひそめつつ隙をつこうとか出来るのでしょう。やっぱり「そうするようにプログラムされてる」か「前々からの記憶がある」しかないかな。で、伯爵の口ぶりなら「ハートを持つ人はそうしなければならないとわかる」のでしょうねぇ。「ハート」がそうさせると。だから伯爵は「ハート」を嫌うと。
いっそ「ハート」含めイノセンスは元人間だとか言って欲しい(泣)
でも洪水で飛散したなら、やっぱりイノセンスはそういう「力」を持った「物質」なんだろうなぁ。

つらつら書いてますが、今の疑問はこんなとこでしょうか。
・「ハート」が誰で、どんなイノセンスか。
・伯爵の言う「アクマが進化する意味」とそれを知ることでバレちゃう「計画」
・14番目がなぜ出現したか。なぜ裏切ったか。伯爵との関係は。
・ここでいう「ノア」とはどういう存在か。
・アレンとリナリーのイノセンスだけが適合者を救ったのはなぜか。
・14番目のメモリーの宿主にアレンが選ばれたのはなぜか。(偶然っていうならそれでもいい)
・14番目とアレンが接触したのはいつか。(14番目が生きてる時に会ってるはずなんですよね)
・マナはいつ、どうやってアレンが宿主だと気付いたか。(気付いたから歌を作ったってか教えたんですよね)(あとマナはノアじゃないはずなのに、ノア印のコートを着てたのはなんでー)
・アレンが「大切な誰かを殺さなきゃいけない」とはどういうことか?
・クロス師匠の安否は?状況は?中央庁の企みは?
・戦争のウラとは?

今回の話しで言うなら、
・ティキと14番目の顔が似てるのはなぜ(偶然でももちろん可。でも血縁だったりしたらおもしろいなーと)


わおI・PPA・I!


今回「神田出生」についてはあまりわからなかったんですが、というか、神田の出番自体が一見開き、数にして四コマだけですから(泣

えーと、お亡くなりになったと思われる(足を折られただけに見えるけど、やっぱり無理なんだろうな……)トクサ及びマダラオさんの説明を聞くに、神田は第二エクソシストで作られた使徒(これは前回でもわかってたか)であり、第三よりも性能が良い。さすがに切られた腕が生えてくるとか思えないけど、ちょっとあの世見ても引き返してこれるくらいには生命力にあふれてますしね。
そしてアクマの卵核と融合して母体となった最初「アルマ=カルマ」の「何か」であると。

第三エクソシストはまずアルマ=カルマから細胞をもらって半アクマ化する。その能力をもってアクマをどんどん吸収して自分の中のある細胞を増殖させる。やがて自身が母体となって、新たな第三エクソシストを増やす、と。戦力の急激な増加をはかるわけですね。

しかし第三があるということは、もちろん第二は「廃止」されたんでしょう。神田を見るに、原因は「寿命」でしょうか。身体が丈夫でも、増やせないのに寿命が短いとなれば廃止にもなるでしょうし。
じゃあ神田がイノセンスに選ばれたのは、これは偶然なのか実験の成果なのか。

神田がアルマの何かっていうなら、すぐ思いつくのは「息子」なんですけどね。アクマの細胞を取り入れた誰かの子供なら、遺伝で強靭な身体を得ることも出来そうな気がする。でもバクさんの謝りっぷりを見ると、もっとえげつない実験をしたんじゃないかって気もする。
「あの人」についてはわからず。反応からアルマかなとも思う。あと、神田が操られて色んな事をしでかす危機(ガタガタ


ああわからない!いつも以上の箇条書きで頑張ってみてもわからないことだらけですorz
ラストの「おじさん」で「巨人」な伯爵とぬいぐるみっぽいロードも、二人がアルマ=カルマに何しに来たのかも、ってこれは殺しに来たって気がしますが、とにかくわからんことだらけです。

早く連載してほしいけど、次は11月、しかもスクエアorz
これ以上雑誌買えないよう(涙
とりあえず、お体にはお気をつけください星野先生……。
感想 : comments(1) : trackbacks(0) : ラキ :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
詳しくは読んでなかったけど、そうか、そういう展開か…。
きちんと終わらせてくれるんだろうか…終わってくれるんだろうか…もうそれだけが心配だよー。
でも月刊に移って連載してくれるのは嬉しいvvv
やっと月刊だよー。よかった。
本当に星野先生体気をつけてほしいね…。

余談だけど、バイトでジャンプと間違えて赤マル買う人多数。
お盆休みだったから、ジャンプ発売ないんだよねー。
| 梁明 | 2009/08/20 6:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://az-az-cross10.jugem.jp/trackback/24
トラックバック